「せいせいするほど、愛してる」神野三鈴(向井雅代役)誰?


「せいせいするほど、愛してる」

向井雅代役を神野三鈴さんが演じています。

神野三鈴さんって誰なんでしょう?

一緒に見ていきましょう(^^)

スポンサーリンク

「せいせいするほど、愛してる」神野三鈴(向井雅代役)誰?

佐伯や未亜たちの上司で、仕事はきわめて優秀。

「何事も結果がすべて」の成果主義者であり、部下には人一倍厳しい部長の向井雅代

の役を演じる神野三鈴さん。

生年月日 :1966年2月25日
出  身 :神奈川県
身  長 :168cm
血液型  :A型
趣味・特技:絵本 読書 オーガニック旬材の創作料理

 

 

 

神野三鈴さんは、舞台を中心に活動されているそうです。

 

 

神野三鈴さんは、劇作家テネシー・ウィリアムズを尊敬しています。

 

劇作家テネシー・ウィリアムズが描くガラスのような精神に共鳴し、それを演じたいという衝動で神野三鈴は女優になる。
三谷幸喜やケラリーノ・サンドロヴィッチら名だたる舞台演出家からは難役を任され、チェーホフ、テネシー・ウィリアムズ、別役実らが紡ぐ伝説的戯曲にも出演。
井上ひさし作品群にも欠かせない女優となる。
初舞台から20年後の2012年に「三谷版『桜の園』」と「組曲虐殺」で紀伊国屋演劇賞個人賞を受賞。

舞台で真の髄まで鍛えられたその存在感と演技によって、映像作品にも活動の場を広げる。

出典http://kannomisuzu.com/profile/

 

神野三鈴さんが影響を受けたテネシー・ウィリアムズは、すごい生涯を送っていますね。

 

 

 

 

テネシー・ウィリアムズの生涯が、

強いては神野三鈴さんを生んでいるので、見ておいた方がよいかな、と思い調べてみました。

 

 

 

「せいせいするほど、愛してる」神野三鈴(向井雅代役)誰?影響を受けたテネシー・ウィリアムズとは?

 

 

テネシー・ウィリアムズ(Tennessee Williams, 1911年3月26日 – 1983年2月25日)は、

アメリカ合衆国のミシシッピ州コロンバス生まれの劇作家。

(略)

牧師の祖父、音楽教師の祖母、両親、姉弟とともに祖父の牧師館で育つ。

靴のセールスマンをしていた父親は留守が多く、粗野で暴力的、酒と賭博が好きで、病気がちでひ弱なテネシーに失望していた。

両親は夫婦仲が悪く、喧嘩が絶えなかった。2歳違いの姉とは大の仲良しで、双子と間違われるほどだった。

母親は神経質でヒステリックな人だったが、優しい黒人の乳母がいて、毎夜いろいろなおとぎ話を聞かせてくれた

(略)

ウィリアムズの家庭には問題が多かった。

彼の姉ローズは恐らく彼に対する最も大きな影響を与えた。

彼女は精神障害で精神病院の中で生涯のほとんどを過ごし、両親は結局彼女に対するロボトミー手術を許可した。

(ブログ筆者より:ロボトミー手術とは、向精神薬が出回る前、重傷の精神病患者に前頭葉切除手術をしたものだそうです。

重度の副作用、死など多様な問題があり、廃れ、日本でも精神医学上禁忌だそうです。

筆者も心療内科にかかっていたことがあるのでこの辺りの偏見はないつもりです!)

 

ウィリアムズはこのことで両親を許さなかったし、愛する姉を救えなかった自分自身の罪の意識にも苦しんだ。

彼の作品の登場人物はしばしば家族に対する直接の抗議であると見られる。

 

(略)彼のキャラクターの多くは自叙伝的である。(略)
晩年は死や孤独に対する恐怖からアルコールやドラッグが手放せない生活になり、

1983年、ニューヨークのホテルでボトル・キャップを喉に詰まらせ窒息死した。

しかし、彼の弟デーキン・ウィリアムズなど幾人かはそれが殺害だと信じている。

こんな生涯の中の作品に影響され、神野三鈴さんは役者を志されたのですね。

生半可な理由ではないですね!

「せいせいするほど、愛してる」での演技これから

どんどん期待できますね。

 

実際に神野美鈴さんの性格とかって、どうなんでしょう?

 

「せいせいするほど、愛してる」神野三鈴(向井雅代役)誰?

 

三谷幸喜さんの舞台に出て、テレビでインタビューを受ける様子が出ています。

明るそうな方です。

[iframe id=”https://www.youtube.com/embed/YJL0v4SZd54″]
Relife(リライフ)の映画の動画を無料で見る方法を書いた記事があります!気になったらクリック↓↓
⇒Relife(リライフ)の映画の動画を無料で見る方法を書いた記事を見る サクラダリセットの映画の動画を無料で見る方法を書いた記事があります!気になったらクリック↓↓
⇒サクラダリセットの動画を無料で書いた方法の記事を見る  

「せいせいするほど、愛してる」神野三鈴(向井雅代役)誰?夫は世界的ピアニスト?

神野三鈴さんの夫は、世界的ピアニストなんです。201102_ozone

 

 

 

1961年神戸市生まれ。須磨浦学園須磨浦小学校卒業。

父の影響で5歳からクラシックピアノを習うも、バイエルの練習に飽き、

ハモンドオルガンに転向し天才奏者と呼ばれる。

12歳の時にオスカー・ピーターソンのソロ・ピアノを聴き、ジャズ・ピアノを始める決意をする。

出典・ウィキペディア

 

出会いのきっかけは偶然であり必然で、

結婚してからは大変だったみたいです。

妻「阪神・淡路大震災の後、私がチャリティーコンサートを企画して、それに出てくれたのが彼でした」

夫「それまでは会ったこともなかったよね。出演依頼の電話をもらったときは僕はシカゴにいた」

妻「いろんなミュージシャンに声を掛けたんだけど、『ポスターの最初に名前を出してくれるなら』とか、『僕が発起人ってことにしてくれるなら』とか。

でも彼は二つ返事で『名前なんて出なくてもいい』って引き受けてくれたんです」

夫「とにかく最初のインパクトがすごかった。シカゴから何日に帰国しますよって連絡したら、じゃあ、その日に会えますか?って。15時間近いフライトでこっちはふらふらなのに……なんて強引な人なのかと」

妻「でも私は、会った瞬間から『あ、私が結婚するのはこの人なんだ』って思いました。不思議ですよね」

夫「コンサートの3カ月後には結婚してたもんね」妻「彼の関係者から猛反対されました。両親や親友、彼のことを大切に思っている人たちほど、『真は結婚には向いていない。あなたが不幸になるから、やめておきなさい』って。彼のお母さんからは『あなたが不幸になるの、私はかわいそうで見てられない!』って。その理由は、あとからよくわかりましたけど(笑)」

――両家顔合わせもなく結婚。格闘の日々が始まった…。

妻 「彼はずっと、音楽的に不満を抱えていて、コンサートから帰ってきてはお酒を飲んで物を壊したり」

夫「本当に幼稚でした」

妻「アメリカで評価されて、全米デビューもして。けど、日本では自分の音楽ができない。むしろ『これなら皆さんにも理解できるでしょ?』って、個性を変にねじ曲げてました」

夫「あるとき、ゲイリー・バートンのツアーに呼ばれてヨーロッパを回ったんですよ。でも、彼の音楽に自分を合わせていくのがつらくなってきて」

妻「一度、思いっきり弾いてみたら?って言いました。それで怒られてクビになっても仕方ないじゃないと」

夫「イタリアのウンブリアだったね。ソロを思い切り弾いたら、お客さんがウワーッて大歓声で」

妻「ゲイリーも彼を抱きしめて『素晴らしかった!』って言ってくれたんです」

夫「そのとき『これでいいんだ!』って。目指すべきところが見えたんですよ」

影響を受けたテネシー・ウィリアムズもそうだし、

神野三鈴さんはもしかしたら

繊細な人が好きなのかもしれませんね!

 

神野三鈴さんがどんな人かわかったところで、

さらに「せいせいするほど、愛してる」楽しみましょう~(o^―^o)
⇒タッキー海里のお姫様抱っこ最高W
⇒タッキー海里に「縛られてもいい」言われたいW

⇒「せいせいするほど、愛してる」主題歌がこれから語り継がれる?
⇒タッキー海里に「綺麗だよ」言われたいW

⇒未亜の先輩役、ピン芸人「横澤夏子」とは?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です