ハルチカ・映画動画フルを無料視聴する方法


「ハルチカ」映画の動画をフルで無料視聴できないかなと探していませんか?音楽で想いをつなぐ、吹キュン純愛ストーリー「ハルチカ」映画の動画をフルで無料視聴する安全な方法があるのでご紹介しますね!ハルチカの動画を見るのに急いでいるあなたはこちらから!

クリック↓↓して無料登録をすると見られます。

\ハルチカが無料!!クリック↓↓/

⇒ハルチカの動画を無料で見る

登録解除も簡単にできますよ。

登録解除も簡単にできますよ。

ハルチカの映画の動画を違法動画で視聴するのはやめよう!

引用:http://whoisadoll.hatenablog.com/entry/2015/12/22/085623

ハルチカの映画の動画ですが、youtubeとかデイリーとかpandoraとかの違法動画で見るのはやめておきましょうね。簡単に見られるしみんな見ているからいっかと思うかもしれませんが、それは違法で、犯罪となってしまいます。

しかも、ダウンロードが出来たりネットにつないで見られたりするときに、ウイルスが入ってしまうという可能性もあるんです。嫌ですよね…。そんなことでスマホやパソコンが使えなくなるなんて!しかも、佐藤勝利さんや橋本環奈さんを見るなんて、いろいろ良いシーンがあるのに汚い画質って我慢できますか?きれいな人はきれいな画質でみたいものですよね。

ということでハルチカの映画動画をフルで無料視聴出来る正しい方法をお教えしますね。

ハルチカの映画の動画をフルで無料視聴する方法

ハルチカの映画の動画をフルで無料視聴する方法をお教えいたします。

それはTSUTAYA DISCUSで無料でDVDをレンタルして視聴出来るという方法です。今時DVD?なんて思わないでくださいね。これすごく便利なんですよ。DVDって、借りに行くのも楽しいですけど、ちょっと不便ですよね!

だけど、このTSUTAYA DISCUSなら、ハルチカの映画DVDを家まで届けてもらえるんです!しかも返すのも、わざわざTSUTAYAのお店に返しに行かなくても良くて、あなたの家の近くのポストに入れるだけで良いんです。

部屋着でもDVDを返せちゃいます。しかもDVD、私もTSUTAYA DISCUSを使っていますが、すぐに届けてくれるので非常に助かっています~。

ハルチカの映画の動画をフルで見るのにTSUTAYA  DISCUSに無料登録するのは以下からできます!

\ハルチカが無料!!クリック↓↓/

⇒ハルチカの動画を無料で見る

ハルチカの映画のあらすじネタバレ

頼りないけど優しい美男子のハルタ(佐藤勝利)と、真っ直ぐな性格で負けん気の強いチカ(橋本環奈)。ハルタが引っ越してしまうまで幼馴染として育った二人は、高校入学式の日に運命的な再会を果たします。

チカは憧れていた吹奏楽部に入ろうと心に決めていましたが、清水北高吹奏楽部は廃部寸前でした。諦めきれないチカは、ホルン経験者のハルタを巻き込んで部員集めに奔走します。

音楽一家に育った芦澤(恒松祐里)、部長の片桐(前田航基)とその彼女・わかば(二階堂姫瑠)、野球部で肩を痛めた宮本(平岡拓真)、チューバソロコンサート入賞の実力を持つ妙子(上白石萌歌)、登校拒否中のカイユ(清水尋也)、ワケありの部員たちとコンクール出場という一つの目標に向かってチカとハルタは進み出します。

しかしフルート初心者のチカはなかなか皆に追いつけず、ハルタもまたホルンを続けることに悩んでいました。部員たちの不満が爆発しそうになる中、チカの後ろに隠れがちだったハルタに訪れた変化。それぞれの抱えた想いがすれ違います……

この原作の面白さの一つ、”学園のトラブルを解決する”というところも注目して見ると面白いです。

ハルチカの映画動画を見た視聴者の声

ハルチカの映画動画を見た視聴者の声をお伝えします。

  • 吹キュンまさにそのものでした。チカちゃんとハルタの絶妙な関係性、モヤモヤするけど、両思いなのにはっきり口に出したりはしないもどかしい感じが恋愛映画というより、青春映画という感じでまた逆によかったです。最後のチカちゃんの失敗したパートを成功するまで繰り返すハルタの無言の応援、チカちゃんと目を合わせて笑顔、のところもグッときました。
  • 吹奏楽部に情熱を注いで突っ走る天真爛漫なヒロインと、そんな彼女に感化されて変わっていく部員達の姿が眩しい。
  • 他者への思いやりや気遣いで、物語が動いていく。自己主張ではなく、傾聴の姿勢。直接的に表現していない部分もあるし、セリフ数も少ない印象。だが、それで充分だし、むしろ、そこがよいと思う。
  • 十代には「こうゆう青春を過ごしてほしい」という強烈なメッセージが込められている。物語として楽しむのではなく、「こうあってほしい」と観終わってから伝わる様になっている。

音楽で想いをつなぐ、青春純愛ストーリー、現在青春している方も、青春時代を過ごしてきた方も素直に楽しめる映画だと思います。

ハルチカ映画の予告動画

ハルチカの映画の予告動画を載せておきます。

動画を見ただけでも面白そうですよね!

ハルチカの映画のキャスト

ハルチカの映画のキャストをご紹介します。

橋本環奈

引用:https://twitter.com/korekara19194/

生年月日:1999年2月3日(18歳)
出生地:福岡県
身長:152cm
血液型:AB型
職業:女優、歌手

穂村千夏(フルート担当)
フルート担当。まっすぐな性格で、負けん気の強い女子高生。高校入学を機に、憧れのフルートを吹くため、吹奏楽部に入ることを決意する。

佐藤勝利

引用:https://7gogo.jp/users/dphQd8SARGn-

生年月日:1996年10月30日(20歳)
出生地: 東京都
身長:169cm
血液型:A型
職業:歌手、俳優、タレント

上条春太(ホルン担当)
弱気で頼りない性格だが、頭脳明晰にして超美形のモテ男。高校入学式で、幼馴染のチカと久々の再開を果たす。ホルン経験者で、チカに強引に誘われ吹奏楽部に入部する。

恒松祐里

引用:http://beeest4u.com/tsunematsu-yuri-image-similar-best-3

生年月日:1998年10月9日(18歳)
出生地:東京都
身長:158cm
血液型:B型
職業:女優

芹澤直子(クラリネット担当)
音楽家を両親に持つ天才クラリネット奏者。難聴をきっかけに、心を閉ざす。

清水尋也

引用:http://eiga.com/person/284259/

生年月日:1999年6月9日(18歳)
出生地:東京都
身長:181cm
職業:俳優

檜山界雄(パーカッション担当)
芹澤と幼馴染。祖父の死をきっかけに、登校拒否となる。

前田航基

引用:http://トレンドニュース速報.jp/%E4%BF%B3%…

生年月日:1998年12月13日(18歳)
出生地:大阪府
血液型:O型
職業:俳優、タレント、お笑い芸人

吹奏楽部部長・片桐誠治(トランペット担当)
清水北高吹奏楽部部長。吹奏楽部を離れていたが、チカの誘いを受けて復帰する。

平岡拓真

引用:http://www.sunmusic.org/profile/hiraoka_takuma.html

生年月日:1998年2月19日(19歳)
出生地:香川県
血液型:AB型
職業:俳優

宮本恭二(アルトサックス担当)
野球部だったが、怪我をきっかけに吹奏楽部に入部する。

上白石萌歌

引用:http://www.modelba.com/model_prof?j_id=5971

生年月日:2000年2月28日(17歳)
出生地:鹿児島県鹿児島市
身長:161cm
職業:女優

米沢妙子(チューバ担当)
ソロコンテスト入賞の実力を持つが、あることをトラウマに吹奏楽部を離れていた。

二階堂姫瑠

引用:http://www.himawari.net/media/

名前:二階堂姫瑠(にかいどうひめる)
所属:劇団ひまわり

野口わかば(オーボエ担当)
部長・片桐の彼女で、木管パートセクションリーダー

ハルチカの映画と原作の違いは?

ハルチカの映画と原作の違いについて見てみます!

「校内で起こる様々な日常の謎を解決する推理要素」「弱小吹奏楽部がコンクールを目指す青春要素」「同じ人を好きになった二人が対立する恋愛要素」
原作では、この3つの要素が『ハルチカ』ワールドを構築していましたが、映画にきちんとした形で残されたのは青春要素だけとなっています。

原作を知っている方は、少し物足りないかもしれませんね。

ハルチカ映画ミュージック

劇中に登場する楽曲を紹介いたします。

  • 「亜麻色の髪の乙女」作曲:Claude Debussy
  • 「おもちゃの交響曲」作曲:Leopold Mozart
  • 「上を向いて歩こう」作曲:中村八大 作詞:永六輔
  • 「組曲『惑星』より木星」作曲:Gustav Holst
  • 「ピアノ・ソナタ第8番ハ短調 作品13『悲愴』第2楽章」作曲:Ludwig van Beethoven
  • 「チャルダッシュ」作曲:vittorio Monti
  • 「サリーガーデン」アイルランド民謡
  • 「吹奏楽のための狂詩曲 第1番『春の光、夏の風』」作曲:小瀬村晶 編曲:小川明夏

音楽プロデューサーの濱野睦美さんのコメントがあるので見ていきましょう。

濱野睦美さんのコメント

『ハルチカ』の音楽のコンセプトとして監督より、吹奏楽部の誰か一人が欠けても成立しないものにしたいというお話がありました。オリジナルテーマ曲である『吹奏楽のための狂詩曲 第1番「春の光、夏の風」』は、小瀬村さんにメロディラインを作っていただき、それを元に小川さんが編曲をしてくれました。主旋律を全ての楽器に割り当て、次々と旋律が移り変わっていく構成にしたいと伝えて作っていきました。既存曲をアレンジする上でも、例えばチューバのように伴奏の多い楽器にも旋律が来るようにしました。私自身学生時代にチューバだったのですが、旋律が1フレーズあるだけでも嬉しかったものです。

既存曲の選曲は、市井監督の意向があったからこそ、吹奏楽という観点だけにとらわれないものになったと思いますね。「上を向いて歩こう」や「木星」もそうですが、誰もが聴いたことのある曲で親しみがありますし、清水北高吹奏楽部の色を作る要素になっていると思います。

(佐藤)勝利さんは初レッスンではホルンを組み立てる手元も不安なぐらいだったのが驚くほど成長しました。撮影日程も決して余裕があると言えない中で自主的にコンサートに足を運び自分の目で耳で学んでくるなど惜しみない努力をしていました。勝利さんが劇中で披露する真っ直ぐでどこか切ない音色は、この作品を見てくださった方の心にずっと残るものになったのではないでしょうか。

環奈さん演じるチカが苦戦するフルートソロは、初心者にとってはかなり難しいスコアになっています。実際に初めて間違えずに吹けたのは撮影当日でした。その時はモニター越しに本当に感動しましたし、心の底からこんな意地悪なスコアを用意してごめんねと思いました。撮影中でも廊下や教室の片隅で一生懸命練習する姿はチカそのものでした。劇中のチカは、チカであり、環奈さんでもあり、等身大の彼女という感じです。

小出(恵介)さん演じる草壁先生に関しては、子供たちのほうが先にレッスンをはじめていて楽曲を作り上げてきた経緯があるので、自分はそこから出てきたものを受け取って指揮をしたいとおっしゃっていました。小出さんご自身も限られた時間の中でスコアに書き込みをしたり、本当にたくさん学んでくださいました。コンクールシーンの撮影までには小出さんと子供たちとの関係性もとても温まり、「吹奏楽部全員で作った」と言えると思います。

本当は他の部員一人一人についても色々なことがありましたので全てお話ししたいくらいです。

私自身もかつて吹奏楽部員だったので、今回は劇伴というよりも、先輩として一つの吹奏楽部を手助けするつもりで取り組みました。みんな本当によく頑張ったと思います。私のようにかつて吹奏楽部だった大人の方々にも是非観ていただきたいです。

ハルチカ映画見どころ

初野 晴の代表作である「ハルチカ」シリーズは、累計55万部を突破するほどの人気作であり、2016年にはアニメ化されています。そのハルチカが映画化され、ますます注目されています。

吹奏楽部の顧問・草壁信二郎として小出恵介さんも出演します。吹奏楽部員を演じる新人俳優たちの脇を固めるキャステングとなっています。
小出恵介さん演じる草壁は、将来を期待された指揮者という過去を持つ男です。吹奏楽部を廃部から立て直すために頑張るハルタとチカを陰から支え、コンクール出場に向けて指導していくという役どころです。小出恵介さんの演技も見どころですね。

ハルチカの映画の動画以外に見られるのはこれです!

ハルチカの映画の動画以外に見られるものにはいろいろとありますよ。

  • 一週間フレンズ
  • オオカミ少女と黒王子
  • 黒崎君の言いなりになんてならない

ハルチカ・映画の動画の感想

主演にはジャニーズのSexy Zoneのメンバー佐藤勝利さんと、アイドルの橋本環奈さんが抜擢されました。二人は、まさにキラキラな青春真っ只中!爽やかな演技で観客を魅了してくれるでしょう。

ネットでの「ハルチカ」の映画をを見た感想も色々あるので見ていきましょう!

いい感想

  • 背中を押してくれる相手と支えてくれる相手が居るという事がじんわり沁みて心がほっこり。ハルタとチカの二人がとにかく良かった。
  • 流行りのキラキラ学園恋愛映画かと思ったらまったく違う映画で驚いた。胸キュン目当ての人には不服なんじゃないかと思うくらい、リアルで爽やかな青春と音楽の映画だった。幅広い年代の人にヒットするんじゃないかな、何度も見たいと思う。
  • プロモーションされていた内容からスイーツ寄りのものかと思っていたが、鑑賞したら良質な青春映画だったので期せずして感涙してしまった。
  • キャスティングもチャレンジした作品でしたが、それが逆に良かったのかもしれなかったかなって思えました。どの場面もさらりと演じるのでは無くて、丁寧に一つ一つ演じてたのが印象的。演奏シーンは、どれも本気でやってるのが伝わって、鳥肌がたちました!
  • 吹キュンまさにそのものでした。チカちゃんとハルタの絶妙な関係性、モヤモヤするけど、両思いなのにはっきり口に出したりはしないもどかしい感じが恋愛映画というより、青春映画という感じでまた逆によかったです。最後のチカちゃんの失敗したパートを成功するまで繰り返すハルタの無言の応援、チカちゃんと目を合わせて笑顔、のところもグッときました。

悪い感想

  • アニメを見て原作も読み始めたところだが、青春推理ストリーになるものと期待していたら、何をトチ狂ったかこの監督、音楽根性ものにしてしまった。この勘違いでこの作品は失敗作になってしまった。ただ橋本環奈だけはなかなか可愛かった、将来いい役者になりそうだ、他は見る価値はなかった。
  • 映画自体は普通の青春ものといった感じだけど、主演がここまで演技出来ないなら100%スイーツにするべきだった。まだその方が潔い。これではいくら題材が良くても台無し。
  • 主演の俳優と女優がどちらもアイドルグループ所属ということで、音楽的な素養は申し分ない(はず)のキャスティング。そして「箱入り息子の恋」の市井昌秀監督とくれば、当然期待は高まる。だが、序盤の吹奏楽部の部員集めにチカ役の橋本環奈が奮闘するドタバタに、どうにも乗り切れない。出来事に対する人物たちのリアクションや、感情の動きにリアリティーがなく、筋をなぞって演技をしているように見えてしまう。そもそも、初心者の新入部員たちが3~4カ月の間に本格的な曲を演奏できるまで管楽器が上達してしまうところからして、現実感がない。やはり初心者のチカに難しいソロを吹かせるのは、顧問の先生のパワハラかイジメに見えてしまう。予定調和じゃない、きれい事だけじゃないストーリー展開は悪くない。でも、音楽青春映画にしては編集テンポが悪く、ダラダラと間延びした感じを受けた。

「ハルチカ」を今すぐに見たい方はTSUTAYA DISCUSがおすすめですよ!

\ハルチカが無料!!クリック↓↓/

⇒ハルチカの動画を無料で見る

ハルチカ・映画の動画をフルで無料視聴する方法まとめ

ハルチカの映画の動画をフルで無料視聴する方法と見どころやあらすじ感想などについて見てきました。ハルチカの映画の動画への理解は深まったでしょうか?
佐藤勝利さんと橋本環奈さんが演じる青春ストーリー「ハルチカ」、ぜひ動画をチェックして見てください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です